愛とか人生とか色々考えさせられる大人の良質洋画3選

最終更新日

Comments: 0

愛とか人生とか色々考えさせられる良質洋画3選
(Photo by K2)

10代、20代の恋愛ものイマイチにピンと来なくなった大人のために。
甘い青春の恋愛とはまた一味違う、渋い大人の恋愛と人生とか。
僕のお気に入りの映画の中からそんな映画を3つ選んでみました。


善き人のためのソナタ( 2006)
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督

ピアノの音と静謐な映像が美しいヒューマンドラマ。
冷戦時の東ドイツ。芸術家カップルを監視する秘密警察の一人の男の話。
東側らしからぬカップル自由な愛の生活を目の当たりにし、
社会主義思想から自由思想へと変化していく主人公の内面を
じっくり描いた重厚な作品です。


愛、アムール ( 2012)
ヒャエル・ハネケ監督

カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。
終末期の老夫婦の愛の物語。
いわゆる老老介護の話で正直重いです。
さわやかな映画を求める人にはおすすめできません。
が、リアリティがあるぶん、人生の勉強として心に残る映画です。



ファントム・スレッド (2017)
ポール・トーマス・アンダーソン監督

1950年代。初老の有名ドレスデザイナ―とウェイトレスの恋。
神経質な男と、激情型の女の物語。
話が進むにつれて少しずつ変化する二人の関係性が見所。
はたからみると異常な関係性も二人の間では正常な関係性。
まあ、恋愛ってそんなものかもしれませんね。


もし見た事がないものがあれば是非鑑賞してみてください。

By K2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする